豊中市・淀川区・東淀川区周辺の不動産ならアクア不動産販売豊中営業所 |

駐車場2台、築浅の中古住宅、駅近物件、敷地30坪以上など一戸建て住宅ならお任せください。

アクア不動産豊中 > 任意売却とは?

任意売却とは…?

ご存知ですか?任意売却 競売と任意売却の違い
競売のデメリット

・相場より安くで落札され、債務が多く残る
・残債の返済方法の話し合いは出来ない
・落札者の都合で立ち退きの場合も
・立ち退き費用はもらえない
・競売物件の情報が公開、近隣に知られる
・気持ち面での負担やストレスが大きい

任意売却のメリット

・競売より高く売却でき、債務を減らせる
・話し合いの上で無理なく返済出来る
・引っ越しの時期など希望を聞いてもらえる
・話し合いにより引っ越し費用を残せる
近所に知られず解決出来る
・条件によっては住み続けることも出来る

こんな悩みありませんか?

  • 離婚して、家のローンだけが残ってしまった…
  • 不動産投資に失敗してしまった!
  • 減給、ボーナス減で住宅ローンが返済不能に!
  • 年金暮らしなので、家を売って賃貸に住みたい。
  • 離婚した後、元夫がローンを滞納していた…!
  • 競売予告通知が届いた…!
  • 返済額が上がり、支払いが大きな負担に!
  • 病気で、この先ローンが払えないかもしれない
  • 相続した不動産のローン返済で困っている…
そんな悩みは任意売却で解決できます! (任意売却任売・にんばい)とは…?

任意売却(任売<にんばい>と呼ばれることもあります)とは、銀行などの住宅ローン抵当権者の同意を得て、不動産を処分することです。その際に裁判所を介すことがないため通常の不動産売買と同じように売却することが可能です。

不動産を担保にした借り入れ金の返済を滞納してしまった場合、銀行などの債権者は、その担保になっている不動産を差し押さえ、競売を申し立て、残債を回収しようとします。そして担保になっていた不動産は競売で落札され、その落札金額でローンの返済を行うことになります。

一般的に競売は、通常の相場よりも3〜8割ほど安い価格で落札されると言われています。そのため、担保の不動産を売却したにも関わらず、なお債務が残ってしまうことも多々あります。他にも、引き渡し時期は落札者が決めるため突然退去せざるを得なくなったりなど、競売は経済的にも精神的にも非常に負担が掛かります。

このような競売になる前に、回避する方法が任意売却です。競売予告通知が届いた場合も、競売を回避し任意売却を行うことができる場合もあります。

慌てず落ち着いて、まずはご相談ください。
「任意売却のプロ」の私たちが、
最善の方法であなたを全力でサポートいたします。

分からないことはお気軽にご相談ください!

任意売却 5つの具体的な売却方法

ケース1 購入者を探し、仲介します!

わたしたちアクア不動産販売が仲介業者として、物件の購入者様を探します。不動産売買に伴う仲介手数料等は、任意売却で清算することが可能なため、お客様のご負担はありません。 当社では、売却後の新居となる住宅をご紹介することも可能です。お気軽にご相談ください。

ケース2 直接、弊社が買い取ります!

物件を弊社が直接買取りいたします。
誰にも知られずに、とにかく早く売りたい!早く現金化したい!そんな方にピッタリな方法です。

時間を掛けず、誰にも知られることなくスピーディに売却できます。弊社が直接買い取りいたしますので、仲介手数料も不要です。

ケース3 将来、売却した家を買い戻せます!

子供の学校区を変えたくない。仕事の都合上、引越しできない。などのご事情がある方におすすめの、将来売却した家を買い戻す方法です。

住まいをお客様の信頼できる方(ご親族など)に買い取っていただき、お客様が家賃としてローンを支払うことで、住み続けることが可能です。

ケース4 賃貸契約(リースバック)も対応可能!

物件を不動産投資家や不動産会社などの第三者に買い上げてもらい、お客様と賃貸借契約を結ぶことをリースバックと言います。

お客様が家賃としてローンを支払うことで、住み続けることが可能です。一般的にローンの返済額よりも安い賃料で契約されることが多く、無理のない返済計画を立てることが可能です。

オーナーチェンジ、ご相談下さい!

お持ちの物件(マンションやテナントビル、駐車場など)に既に入居者がいる場合に、そのまま次のオーナーに転売することをオーナーチェンジと言います。事業や投資の失敗で、物件を手放さなければならない場合に有効な方法です。
特に、家賃収入が安定している物件だと、任意売却がスピーディに行われるケースが多いです。

どの売却ケースでもお客様のご負担は0円なんです!

任意売却の場合、売買仲介手数料など通常の不動産売買で必要となる諸費用については、任意売却時に清算することが可能です。
仲介手数料の他、マンションなどで滞納している管理費や修繕積立金、一部税金も清算できます。だからお客様のご負担は0円に!

競売までのスケジュール

競売までの流れ
期限の利益喪失
ローンの残債全額を一括で返済するよう義務を負うことになります。
期間入札
裁判所により、この競売への入札者が一定期間募られること。
広告
新聞・インターネットなどで、ご自宅が「競売物件」として一般に情報提供されます。近隣の方に知れ渡ってしまう可能性が高くなります。
早期段階でのご相談をおすすめする理由

任意売却は成立するまでに、平均で1ヶ月~3ヶ月程の期間が必要です。

もちろん開札日の2週間前にご相談を頂いて、無事解決するケースも少なくはありません。
しかし、ご相談頂く時期が早ければ早いほど、解決の可能性も高くなります。
特に、裁判所からの通知が届いてる方は、すぐご相談ください。

また、ローンの返済を滞納していない段階の方であっても、
今後の返済の見通しが立たない、又はローン以外の借入れや
税金等の滞納でご不安がある方は、現時点でご相談ください。

「手元に生活準備金を残したい」「住み続けたい」
「収入が安定したら買い戻したい」…等のご希望をもとに、
一緒に解決までのスケジュールを立てましょう。

任意売却の流れ

まずは、アクア不動産販売豊中営業所にご相談ください。
売却をご検討中の住宅の査定を行い、金額に納得いただけた場合は、
お客様と当社との間に、専任媒介契約を結びます。

その後は、債権者との交渉、購入者探しなど、
ご面倒な手続きの一切を当社が行います。
無事に希望金額で売却が行われるまで、ご安心してお任せください。

任意売却の流れ

ご相談(相談無料・秘密厳守)

豊中営業所では、任意売却についての無料相談を行っております。

住宅ローンの相談は誰にすればよいか分からなかった。そんな声もよく聞きます。
任意売却のプロが、お客様にとっての最善の方法をご提案いたします。ぜひご活用ください。
ご来店の場合は、事前にご予約いただくとスムーズです。

物件査定(査定無料)

スムーズな売却のために、まずは査定からスタート。

お客様のご所有不動産を無料で査定させていただきます。

適正な査定はスムーズに任意売却を進める第一歩。
豊中市、大阪市淀川区、東淀川区をはじめとする地元での
不動産売却経験豊富なアクア不動産販売にお任せください。

「とりあえず売却価格を知りたい」方から
「将来の売却時のため現在の価格を把握しておきたい」方まで
お気軽にご相談ください。秘密厳守にて承ります。

専属専任媒介契約

契約締結後は、当社が責任をもって売却を進めます。

専属専任媒介契約とは、仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約です。
当社とお客様の間で、任意売却についての専属専任媒介契約を結ばせていただきます。

債権者との交渉・同意

借入先との話し合いもお任せください。

金融機関などの債権者と、アクア不動産販売の担当スタッフが、
販売価格などについて交渉いたします。
債権者(借入先)が複数に及ぶ場合も、当社がすべての債権者と
交渉を行います。

交渉内容は様々で、販売価格の調整から、残債の返済方法、売却
に関わる諸費用(仲介手数料、司法書士費用など)、お客様の引
越し費用の捻出なども含みます。

任意売却のプロ!アクア不動産販売のサービス

アクア不動産5つのサービス!
サービス1 迅速・丁寧な対応 サービス2 秘密厳守 サービス3 幅広い提案力 サービス4 債権者との交渉力 サービス5 トータルサポートOK

迅速、丁寧な対応を心掛けています!

任意売却のご相談をされるお客様は、将来に不安を感じていらっしゃる方がほとんどです。
相当なストレスを感じることでしょう。そんなお客様の心境に配慮した真摯で丁寧な対応、早く悩みが解決できるよう迅速な対応を心掛けております。
また、お客様に心の底から安心していただけるよう、スタッフ一同、責任をもって任意売却に取り組みます。 安心してお任せください。

秘密厳守!お客様のプライバシーを守ります

ご近所に家を売却することを知られてしまうのでは?
不動産屋に出向いたのを、誰かに見られたらどうしよう…。
任意売却や競売は非常に繊細な問題のため、当社ではお客様のプライバシーに配慮するよう徹底しております。

ご相談いただいたお客様の秘密厳守の体制はもちろん、お客様のご自宅へ訪問してのお打ち合わせなど、お気軽にご相談ください。

幅広い提案で最善の方法をご提供

任意売却の方法は大きく5種類。
アクア不動産販売では、お客様の状況やご要望が最大限に叶うよう、
お客様にぴったりな最善の方法をご提案いたします。

債権者との交渉力

任意売却の場合、銀行など債権者との交渉が必要不可欠です。
うまく交渉を運ぶためには、不動産業はもちろん金融業にも精通した知識が必要です。
金融機関についてや対処方法を熟知しなければなりません。
お客様のご要望に適切に対応する能力も必要です。
当社では、日々の努力を怠ること無く任意売却担当スタッフの能力向上に努めています。

売却から新居のご案内までトータルサポート

地域に精通した不動産屋だからこそ、総合的なサポートが可能です。売却した後に住む住居のご紹介もお任せください。

また、ご相談に来られた方の中には、債務整理・相続・離婚など
不動産売却以外の法的問題を抱えている方もいらっしゃいます。
当社提携の弁護士や司法書士をご紹介することも可能です。
お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

任意売却の後でも住み続けられる場合があると知りましたが、
銀行に残債が残っていると無理なのでしょうか?

大丈夫です!任意売却後の「買い戻し」が有効です。
お住まいをお客様の信頼できる方(ご親族など)に買い取っていただき、お客様が住宅の購入者にリース料(家賃)を支払うことで、そのまま住み続けことができます。この任意売却方法を「買い戻し」と言います。

子供の小学校の学校区を変えたくない。現在、店舗として利用しているなどお気軽にご相談ください。

住宅ローンの残債が、予想の売却価格を上回っている状態ですが、
任意売却は可能ですか?

可能です。しかし、住宅ローンの残債がなくなる訳ではありません。
売却金額が、住宅ローンの残債より低い場合は、残念ながらローンは残ってしまいます。
しかし、任意売却は競売よりも高額で売却できる可能性が高いため、残債は減少するケースが多いです。残債が減少し、無理のない返済計画を組み直すお客様も多くいらっしゃいます。

夫と離婚したが、住宅ローンの連帯保証人だったため、
誰に相談していいか分からず、とっても不安……。

大丈夫です!当社のスタッフにご相談ください!
住宅ローンの夫婦間の連帯保証人はどうなるの?
養育費などがかかり、住宅ローンが支払えるか心配。
住宅ローンが残っている場合の離婚の財産分与は?

離婚による住宅ローンの悩みも多く聞きます。アクア不動産販売では任意売却に詳しいスタッフがご相談に応じることが可能です。

住宅ローン以外にも税金の滞納があるのですが、この状況でも売却できますか?

税金滞納額が多額になると、差し押さえ解除ができなくなる可能性も…
税金は、自己破産後も支払い続ける義務があります。
税金滞納がある場合は、各行政へ分割納付の相談していただくようお願いしています。

売却も考えましたが、ご近所に知られることを妻が嫌がっています。
誰にも知られることなく売却することは可能でしょうか?

大丈夫です!そんなときこそ任意売却です!
通常、競売となるとその情報は、インターネットや新聞などに公開されてしまいます。

一方、任意売却では、当社のネットワークを使い購入希望者を探すため、一般に広く情報が広まる心配はありません。

どんな状況でも、任意売却は可能ですか?

以下のケースに当てはまる場合は、任意売却ができません。
・税金滞納が多額過ぎて差し押さえの解除ができない場合。
・不動産の共有者の同意が得られない。
・連帯保証人の同意が得られない。
・債権者の承諾が得られない。
任意売却ができない場合は、競売手続きとなります。

まだ滞納せずに、住宅ローンを支払っているけれど将来が心配。
できれば賃貸に移りたいが、どうしたらいいですか?

大丈夫です!リースバックという方法があります。
第三者に住宅を売却し、お客様と住宅購入者が賃貸借契約を結ぶことで、売却後も賃貸として住み続けることができます。

リースバックは、年金暮らしの方や、相続した不動産でお困りの方、
小さなお子様の学校区を変えたくない(引っ越ししたくない)方に
おすすめの任意売却方法です。

任意売却や競売を回避できませんか?

支払いが苦しくなったら、早めに金融機関に相談を!
住宅ローンの支払いが苦しくなったら、まずは金融機関へ相談してください。できるだけ早めの相談をおすすめします。支払いが滞る前であれば、支払い額変更、支払い期間変更など、調整できるケースも多くあります。

また、競売予告通知が届いた場合も、取り下げ申請が間に合う場合もあります。
住宅ローン以外の借り入れが多くある方には、個人再生などの方法もあります。
諦めずに、まずはご相談ください。(競売までのスケジュールはこちら)